基本解説_No.3_契約書で用いる印鑑の種類

Q.

契約書に押印する場合、認印又は実印が用いられると思いますが、どちらを使用すべきでしょうか?

 

A.

契約書に押印する場合、認印又は実印のどちらを用いても基本的に問題はありません。ただし、実印は、公的機関に登録されている印鑑であり、証明力が高いことから、重要な契約を締結するときは、実印で契約書に押印すべきと言えます。