コンサルティング契約書に関する解説_No.1_受託者の立場から見た場合の業務範囲の設定

Q.

コンサルティング契約において、受託者の立場から見て業務範囲はどのように設定すべきですか?

 

A.

業務範囲を曖昧に設定すると委託者から当初予定されていない範囲までコンサルティングを求められる可能性があり、受託者にとって報酬額に見合わない結果となるため、業務範囲については詳細に設定すべきと言えます。